好きなポケモンで勝てるように

シングルバトルの育成論などを書いたりします。

【USUM】スペシャルレート15のおすすめポケモン【シーズン15スペレ】

 

今回のスペシャルレート15は、ゆびをふるのみのルールとなります。

 

面白いルールなので、スペシャルレート15で強そうなポケモンとかをまとめてみました。

 

 

 

今回のスペシャルレートのルール

ゆびをふるとは?

 ゆびをふるは一部を除いた技をランダムで技を1つ出す技です。

どの技が出るかわからないので、運ゲーになります。

 ゆびをふるで出ない技もあるので注意。

【ゆびをふるで出ない技】

ゆびをふるを覚えるポケモン

レベルorタマゴ技

教え技のみ

スケッチで覚えます。

は今回のスペシャルレートでは使用禁止

 

どの過去作が必要か

ゆびをふるを覚えることのできる過去作はGBAの【エメラルド】【FR】【LG

 

VCの【】【】【】【ピカチュウ】になります。

 

用意するのはどちらのソフトでも良いですが、この2つの過去作の良いところと悪いところを比べてみます。

 

GBAエメラルド】【FR】【LG

 

良いところ
  • 卵厳選ができる
  • 3世代のポケモンまで作れる

 

悪いところ
  • 教え技が使えるまでが長い
  • USUMに持ってくるのに色々必要
  • ゲンガーを作る場合、通信進化させないと覚えないため、もう一つのGBAとソフト、通信ケーブルが必要
  • 夢特性にできない

 

VC【】【】【】【ピカチュウ

 

良いところ
  • グレンタウンまで進めれば覚えさせられる(なみのりゲットまで)
  • 3DSだけで作れる

 

悪いところ

 

おすすめのポケモン

 

ゲンガー

ゴースト、どくタイプ。

ゆびをふるで出る技はノーマル技が多いのでそれを無効にできる。

どくタイプなので、毒状態にならないのも強み。

C130と火力も問題なし。Aは60と低め。

そしてゲンガーはのろわれボディが非常に強い。

30%の確立でゆびをふるを封じられ、その状態が3ターン続く。

封じてしまえば、相手はわるあがきでHPが3/4減るので、ほぼ勝ち確。

 

ゆびをふるゲンガーは過去作必須でゴース、ゴーストでは覚えません。

通信交換しないといけないので、用意するのが大変なのが難点です。

 

カビゴン

ノーマルタイプ。

H160D110と高耐久、A110でとても使いやすい。

ゴースト技を無効にでき、特性めんえきで毒状態を無効に出来ます。

特性は【めんえき】【あついしぼう】【くいしんぼう】がありますが、毒を無効にできるめんえきがいいと思います。

Bは高くないので物理で押し切られることもあるので注意。

 

カビゴンはゴンベがゆびをふるを覚えるので過去作は必要ありません。

ゴンベを産む場合、まんぷくのおこうを持たせないといけないため、かわらずor赤い糸のどちらかは持たせられないので作るときは注意です。

 

ジラーチ

はがね、エスパータイプ

種族値ALL100の600族の幻ポケモン

物理技、特殊技どちらが出てもそれなりの火力を出し、耐久もあるので安定して戦えます。

特性てんのめぐみで技の追加効果を2倍になるので、追加効果が発生しやすい。

はがねタイプで毒を無効、ノーマル技を半減で受けることができ、今回のスペシャルレートで上位に入るレベルの強さだと思います。

通常のレート等では使えない幻ポケモンなので、スペシャルレートでジラーチを使いたい人が多いはず。

 

ただし、ゆびをふるジラーチを用意するのはゲンガーよりも難しいです。

ゆびをふるを覚えられるジラーチは、七夜の願い星 ジラーチ前売り券ジラーチ

WISHMKRジラーチくらいしかありません。

前売り券ジラーチは中古ROMを買っても残っている可能性は低く、WISHMKRジラーチは用意するものが多すぎるため、ジラーチを使いたい場合はQRレンタルチームを使ったほうが早いです。

 

ミュウ

エスパータイプ

ジラーチと同じく種族値ALL100の幻ポケモン

ジラーチと違い、はがねタイプがないので毒になってしまいますが、特性シンクロで相手も状態異常にさせます。

上位のポケモンは毒を無効にするのが多いため、シンクロは保険程度に考えたほうが良いと思います。

 

ミュウは配布、VCの特典などしていたため、持っている人は多いと思います。

ゆびをふるはレベルで覚えるので、用意するのは簡単だと思います。

 

おすすめの持ち物

 

たべのこし

毎ターン最大HPの1/16回復する。

ゆびをふるでは倒されないことが重要なので、少しでも回復をしてゆびをふる回数を増やします。

お互いたべのこしを持ってることがよくあるので、最終的にわるあがき勝負になることもよくあります。

ゴツゴツメット

接触攻撃をしてきた相手に、相手の最大HPの1/6のダメージを与える。

ゆびをふるで攻撃技が出せなくても相手が接触してくれれば、ダメージになります。

最悪これだけで勝つことも出来るので、とりあえず持たせとく感じでいいと思います、

ゲンガーに持たせ、のろわれボディと組み合わせることで、とても厄介。

半分回復きのみ

HPが1/4になった時、HPを1/2だけ回復する。

たべのこしと違い一気に回復するので、ピンチのときはこちらのほうがいい。

やきつくす、むしくいなのできのみを使えなくなったり、使われてしまうことがあるので注意。

ノーマルZ

ゆびをふるで出た技がZワザとなる。

一回しか使えないが、何かしらの追加効果が発動するので使いやすいです。

高火力技のZ技が出れば逆転も出来るので使うタイミングを考えないといけません。

Z技がタイプ、特性で無効にされた場合、追加効果が発動しないので注意。

こだわり系

こだわりハチマキ

最初に選んだ技しか使用できなくなるが、こうげきが1.5倍になる。

こだわりメガネ

最初に選んだ技しか使用できなくなるが、とくこうが1.5倍になる。

こだわりスカーフ

最初に選んだ技しか使用できなくなるが、すばやさが1.5倍になる。

 

ゆびをふるだけなので気にせずに火力を上げれます。

どちらかの火力しか上げれないので、連続して持たせたこだわりと逆の技が出たりと効果を得られない場面もあります。

スカーフは素早さが上がるものなので、ハチマキかメガネを持たせましょう。

QRレンタルチームを使おう

スペシャルレートはQRレンタルチームが使えます。

用意するのが面倒、大変な人はQRレンタルチームを使うのもありです。

 

持ち物がバレてしまうのがありますが、ゆびをふるだけなのでバレても問題はないと思います。

 

こちらから検索できます。

 

QRレンタルチーム検索

 

技のところにゆびをふるを選択して検索してください。

 

まとめ

今回はスペシャルレート15をまとめてみました。

 

今後もこういう面白いルールを公式でやってくれたら嬉しいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。